HOME>アーカイブ>服装やコミュニケーション能力を高めること

電話応対などのマナーを学んでおくこと

塾の先生

派遣で講師として塾アルバイトを行う場合、派遣されたところではきちんとその塾に応じたマナーがあるため、必ず守るように心がけましょう。なお、授業を教えるときの言葉遣いや、父兄に対応するときの礼儀作法、更に電話応対などをしなければならないことも多いため、必ずマナーを学んでおくことが必要です。特に電話応対を苦手とする人が増えてきている昨今では、電話応対を適切に行えるように、ある程度動画サイトやマナーを掲載しているサイトで情報を得ておいたほうがいいといえます。動画サイトで正しい応対方法を紹介していることは多い為、必ず確認しておくと実際に電話を受けた時に対応しやすいため、必ず何度か見てから派遣先へ行きましょう。

服装はできる限り落ち着いた物を

塾講師として派遣で塾アルバイトに出かける場合の服装として最適なのはスーツですが、季節によってはスーツでは暑くて大変ということも珍しくありません。対策として挙げられているのは、落ち着いた服装をある程度用意しておいてから、出金するように心がけることだといわれています。たとえば、無地のシャツとスーツに準ずるようなパンツを身に着けると、父兄にも不安視されることなく安心して教えることが可能です。女性の場合にもカーディガンやサマーニットなどを羽織る形で、シャツと膝下丈のスカートを身に着けるなど、落ち着いた服装を心掛けることが必要といえます。

父兄への対応を適切に行う

派遣で塾アルバイトをする場合、子供たちとのコミュニケーションは重要といわれていますが、それ以外の人とのコミュニケーションも重要です。父兄や出入りの業者など、対応しなければならない人はたくさんいますので、コミュニケーション能力を高めることを怠らないようにしましょう。特に父兄への対応は、敬語を適切に使い、相手の反応に過剰に反応せず、落ち着いた態度で受け答えできるようになることが必要とされていますので、敬語を正しく学んでください。

広告募集中