働く母親の事情から

園児と先生

両親が共稼ぎという環境は珍しくありません。むしろ、母親が専業主婦という家庭は年々、減少しています。理由は子供の成長において、教育は必要不可欠なものであるからです。子供の教育にはある程度の出費が必要となり、その費用を捻出するためにも夫婦共稼ぎになる場合が増えるわけです。そのため、子供の保育施設などの充実が求められています。保育士の仕事は単に子供の面倒を見るだけではありません。心身の発達を促し、社会性を養うことも大切です。保育士として働く場合、二通りの方法があります。一つは保育園に正規の保育士として雇用されることです。二つ目は派遣会社から派遣されることです。派遣された保育士の仕事内容を見ると正規で雇用した職員の補助的な仕事になります。たいていの場合、正規職員が課せられる面倒な事務仕事が少ないです。だけど、保育には関係ない雑務を押し付けられることもあります。それでも、全体的に見て残業も少なく、「子供と一緒にいる時間」が勤務時間なるメリットもあります。その点を考えてみると正規雇用より派遣を選ぶ人が増えているようです。ちなみに派遣会社だけでなく、ハローワークなどに登録をすれば仕事先を紹介してもらえます。

メリットとデメリット

保育士が派遣されることについてメリットとデメリットが発生します。一番のメリットは一度、仕事を辞めても再び、保育士として働けることでしょう。ある程度の時間も融通してもらえます。派遣の場合は働く期間も決められています。ずっと、その職場に働き続けるわけではありません。どうしても、働きたい場合はその都度、契約しなおさなくてはいけません。長く職場にいられないというのにもメリットがあります。それは、いろんな職場でさまざまな経験をつむことができます。その点を考えて正規雇用でなくあえて、派遣を選ぶ人も増えています。ちなみに派遣での給与については時給に換算するので正規雇用よりも高額になる場合があります。気になる時給は900円から1200円くらいになります。ただし、正規雇用とは違い、ボーナスなどを支給されない可能性があります。派遣は気軽な仕事のように見えるけど、子供からみればどちらも「先生」です。職場では責任をもって働かなくてはいけません。非正規といっても子供にとっては面倒を見てもらっている相手であり、手本となるべき存在です。しかるべき責任をもって仕事に当たらなくてはいけません。ボーナスなどの支給がないので金銭的に不安定なことも気になります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中